【20180822ノートルダムの鐘横浜】お絵描きレポ

【注意】この記事では、劇団四季ノートルダムの鐘のネタバレを含んでいます。

 

 

 

 

 

 

私、個人の感想です。 

偏りや、個人的解釈を多く含んでいます。

ご了承下さい。

 

1枚目

f:id:naomi-loves-math:20180825235929j:image

 

【達郎さんカジモド】
■登場から、「道化の祭りだ!」まで

この前日、「(舞台に出るのが)楽しみだ!」と言っていた達郎さん。

2週間ぶりの横浜のパリに、やる気満々!
めちゃめちゃ凛々しく登場した達郎さん、ローブ姿、オーラばりばり。


めちゃくちゃカッコいい!!!!


しっかりと舞台を踏み締め、上手下手に目線を送ってからカジモドに。

       ↓
凛々しさ一変、これこそカジモド、怪物の表情。

       ↓
そして………
「マリー!!!」の瞬間、笑顔爆発。

(*´∀`)✨✨✨✨

 

撃ち抜かれる客席。

 

 

でも「マリー!」は、ほぼ後ろ姿なんですよね。


それでもメロメロになっている客席ですが、その何分か後には、正面からの「道化の祭りだ!」の超絶笑顔に、完全にノックアウトするのです………


あぁぁぁあぁぁぁぁぁ(///∇///)

 

あ、ちなみに、この日は、丁寧にマリーを拭いた後、舞台端でひざまづいて、丁寧に布巾をたたんでからの「今日は道化の祭りだ✨」でした。
(床拭きする日としない日があるんですね。)


動きがひとつひとつ丁寧!!!
そして表情はめっちゃ豊か!!!

 

 

■いちごのシーン
       フロロー「イチゴだ」
       カジモド「いちっごっ?!」←オフマイク!

 

前回観劇した時も同じ事に悶えていたのですが………イチゴにオフマイクで反応する達郎さんが……だ、だ、大好きです………(*´ω`*)

 

そして、今日、ホスチア食べるとき、パリンコしました✨
(おくちに入れたホスチアが割れる音がした、という意味です。)

 

■Out there

Out thereは圧巻!!!!
「現実」を歌う冒頭から、「夢の世界」を具現化して歌う所への変化には、ぞわぞわします。


夢の世界の表現になったときの達郎さんの歌は、声は、本当に本当にスゴイ。


全身震えます。本当に幸せ。


前タワーに登ってからの、

“僕ならそんな毎日大事にする” の部分の、大事に でグッと拳を握って胸の前へ……

「大事さ」がめちゃくちゃ伝わる!

 

“朝川沿いを” の部分の、あーさー で下手寄りの天井をまっすぐ指差し!

朝の光が見えました!✨✨✨

 

 

2枚目

f:id:naomi-loves-math:20180826000032j:image


■「ふたり」の指ちょんちょん。
Top of the world最後の “ふたりでいる” での部分。


俳優さんによって、ここの仕草は様々なんですが、それぞれが「ふたりでいる」ことの幸せ、驚き、震える心を表現されます。

 

達郎さんもいくつかパターンあるけど、この日は、「指ちょんちょん。」

人差し指どうしをちょんちょん、ってするパターンでした。

 

私は、あ、いつもの、指ちょんちょん。だな~と、いつも通りに震えていたんですが。

 

お話は進んで、フロロー様がカジモドに「不純な気持ちは押さえねばならん!」と教えるシーン。

(私はこのシーンを性教育、と勝手に呼んでいます。)

 

このシーンで。
ご主人様が「あの女は!」って話してるとき、指ちょんちょんをもう一度…していたのです……!!!

 

ふたりでいた、エスメラルダの事を、思い出してたんだね………!

(T△T)ぁぁぁ………

 

 

■Topsy-turvy

王様に選ばれたカジモドが担がれてるとき、アンサンブルさんが追いかけてパレードみたいになってるんですけどね、そのパレードの先頭にいるのは、男性2枠の安部さん。

 

安部さんってば!!
めちゃくちゃ可愛いから!!!
手を交互に上げて、ヘイヘイヘイヘイ!!
指さしてぴょんぴょんぴょんぴょん!!

(σ´∀`)σ 🎵🎵🎵🎵


■Made of stone
日によってお芝居が変わる、この曲。
お芝居……とゆうか、俳優さんの心の中が変わるんだなと、わかるこの曲。


     純粋な怒りに包まれている日。
     怒りの中に、勇気を見出している日。
     絶望からの湧き上がる怒りに突き動かされている日。
     絶望のまま、失意に沈んでいる日。

 

その日の、ここに至るまでの、舞台の空気で変わるんだと私は思っています。

 

さて、この日は。
絶望からの怒りが爆発している日でした。

 

自分のゆがんだ骨と肉を嘲り笑い、その宿命に絶望し、それが怒りになっていく…


なんとか励まそうとするガーゴイルたちに、怒りをぶつけます。

 

どんなに楽だろうか!!!”
叫ぶように、歌い捨てる達郎さん…

 

絶望が、怒りになったんだね、カジモドぉぉぉ
・゜・(つД`)・゜・

 

***


…さて、絵に描けたのはここまでなのですが、以下、文章にて、記録しておきたいと思います。


この日の観劇で「ぽっ」と印象に残ったことを、ざざっっと書いていきます。


本当に、私個人の偏った記録です。

 


【達郎さんカジモドと、愛さんエスメラルダ】
ムチ打ちの後、カジモドの顔を拭くハンカチがなくて、エスメラルダは手でカジの顔を心配そうに触診してました。

これはこれで痛々しくてグッときました。

 

ハンカチは舞台の前の方に落ちていて、「奴がいる!」の時に塚田さんがバッて拾っていきました。

(そんなとこばっかり気になってしまうw)


God help the outcast後のエスメラルダとフィーバスのやりとりを2階から見ている達郎さん、フィーバスがエスメラルダにひじ打ちされたら一緒に「痛っ!!」って顔してて、それを見た我々も同じ顔をして達郎さんを見つめる………w

 


【吉田8枠さん】
ラポンデ(酒場のシーン)の!!!
吉田さんのダンス!!!
あぁぁぁぁぁ!!!キレッキレ!!!
かっこえええええええ

 

 

【女声クワイヤさん】
Havens lightでカジモドがはけるとき、女声クワイヤさんがベル鳴らしてるのは知ってたんですけど、鳴らし終わっても、カジモドを最後まで見送ってるんですね。

 

そして、スポットが消えてから、十字をきる達郎さんカジモド

(つД`)泣くぅ

 

 


自分なりの記憶方法があって、一生懸命覚えるんですが、最後のカーテンコールで全力で拍手してると、かなり消えてしまうのです……
もっと有能な記憶力が欲しいです。

 

今回も、お読みいただき、ありがとうございました✨✨✨