【20180624 東西大学合唱演奏会 京都】レポート

※20180810 Backroom boysのレポートの準備としての投稿
男声合唱に感動した、あの日のこと。


【2018.6.24 東西大学合唱演奏会 京都】
(当日のTwitterへの投稿より)


今日は、京都コンサートホールに行って来ました。

 

東西大学合唱演奏会。
東西4校の大学の、男声合唱の合同演奏会です。


f:id:naomi-loves-math:20180826031045j:image

まず、ありがとうございました。


今日、演奏会に行かせていただいて、本当に本当に良かったです。

 

人の声という音楽、こんなにも美しく奥深いとは!

 

新しい世界が開けた気がしました。
皆様の素敵な姿に、とても感動しました。

 

ありがとうございました。

 

素人の私ですが、本日の感想などをお話しさせていただければと思います。

 

そもそも何で急に男声合唱の演奏会に行ったのかというと、私の推しクワイヤ様のやまそーさんがワグネルのご出身だからという事と、最近「プロの歌声」に身近で触れる機会があって、勉強したいな、と思ったからなんですね。

 

今日を迎えるまでに、何曲かYouTubeで「予習」しました。もうその時点で、「男声合唱すげー( ・∇・)」ってなってたんですが、

 

今日。
あのコンサートホールで、
本物の生の声を拝聴して。

 

……震えました。

 

なんとゆう美しさか!!!!!!

 

私はミュージカル大好きなので、かなりの頻度で劇場に行きます。そして、俳優さんの歌声に心から感動をいただく日々を送っています。

 

しかし。
生の声の力よ!

 

スピーカーを通さない、生の声はやっぱり特別だ!

 

やまそーさんのコンサートで毎回痺れますが、今日はまた新しい震えが……

 

やまそーさんのコンサートでは、自分の周りの空気全部が音になった感覚をいつも感じます。音の波や、揺れや、震えを感じます。

 

今日は。
音の流れ、川を感じました。
とても柔らかい、ゆったりとした空気の流れ。舞台から流れてくる、豊かな音の川✨✨✨

 

最初の、各校の校歌の時点で、もう、虜に……✨

 

各校で音色も違うし、響きも全然違うんだ!
めちゃくちゃハイレベルなところでの、それぞれの特徴がとても素敵でした!

 

    どーんと安定のある早稲田。
    幅広い音色の関学
    とにかく響きが格別の慶應
    一丸となってまっすぐ進む同志社

 

 

んー……

お上品に感想書こうと思ったけど、キャラじゃないなぁ……

ぶっつけていいかなぁ

 

ん、ぶっつけよ!(*´∀`)ジブンラシク!!

 

ほんま、男声合唱すごいと思った。
人の声って、あんなに、いろんな事を表現できるんや。

 

私はオーケストラ出身なんです。
オーケストラは、弦や管や打楽器や、それぞれの楽器がそれぞれにしかない特徴持っていて、その集まりが音の「幅」だったけど、「人の声」っていう一種類しか楽器がないのに、あの表現力!

 

そして、びっくりしたのが、
完全にアカペラで歌いきってたこと!!!

 

合唱って、ピアノがあるもんだと思ってました。
ピアノに限らず「音程の指針となる楽器」があるもんだと。

 

最初に一瞬だけ吹く、音程を取るためのハーモニカだけで、1曲まるまる、完全なハーモニーで歌うんやで?すごすぎ。

 

今日の席は、2階サイドのいちばん下手の端っこでした。
……この席、どこにあるかと言うと、舞台の後ろなんです。演者さんより後ろまで席があるんです。オケだとホルンの位置くらい。指揮者さんがこっち向いてるの!

だから背中を見ながらの観賞だったんですけど、まぁるい音がちゃんと届いて、素敵でした✨✨✨

 

では1校ずつ感想を。

 

■早稲田さん。
岬の墓、って曲。

 

岬って曲名にもある通り、めっちゃ海のうねりが見えた!どっしりした安定感のある、支えのある声の上に表現される、海や命や、哀しみや輝きや。

 

男声合唱の美味しいとこが全部優しく詰まってた感じ!

 

 

関学さん。
アイヌのウポポ、って曲。

 

アイヌ語だから言葉はわからないけど、本当にいろんな表現が詰まってて楽しかった!急にカラスが鳴いたり、お祭りみたいになったり。


皆さんが楽しんで演奏されてる感じが素敵でした!

 

 

慶應さん。
Trinklieder und lied der freundschaft、ってドイツ語の曲。

 

これも言葉はわからない。
でもね……響きがすごいの!!!
人数少なく見えたのに、音の深さ、響き、豊かさ、ものすごい。
残響の残りかたが半端ない。

 

めちゃくちゃ震えました。
本当にすごかった。

 

 

同志社さん。
帆を上げよ、高く、って曲。

 

男声合唱とピアノのための、って曲名についてるのね。
だから、合唱とピアノが掛け合いしてました。それぞれがそれぞれの特徴を最大限引き出しての演奏。お互いがお互いを引っ張り、高めていくのが気持ち良かった!

 

 

■合同演奏。
Etho-Rap-Mass、って曲。

 

この曲、今日のコンサートが初演なんだそうです!!
新しく作曲された曲なんだって!!!←素人はまずそこにびっくりする。

 

合唱と、ナレーションと、パーカッション。
(ピアノのような、音程をとる楽器はナシ)

 

これがですね、これがですねぇ、
本当にすごかったの。

 

舞台上に4校全て、いらっしゃるわけです。
ぎっしり。
その皆さんが全員で歌うんだから、もー、これは、本当に………すごかった。


ざっと、200人?


言葉が見つからない…本当にすごかったの。

 

圧倒されました。
音ってすごいの!!!

 

あと、しょうもないことですが、このEtho-Rap-MassのMassはミサだからね、ラテン語出てくるんです。

 

ノートルダムの鐘と同じラテン語!!!
キリエ・エレイソンとかディエス・イレとか!!!

 

……すみませんしょうもないことで大興奮してました(^^;

 

さて。
私は。低音大好きっ子です。
ええ。推し様はバスバリトンでいらっしゃいますし。

 

それにしても。
今日は、ベースの大切さ、すごく感じました。


本当に、支えなんだね。音の支え、メロディの支え、言葉の支え。

 

人間の出す音じゃなーい←
楽器かと思った。コントラバス

 

あんな音を奏でられるって本当にすごい。
支えって大切です。

 

 

そして、そしてね!!!

終演後、ロビーに出たら、演者さん皆さんがロビーで歌ってたの!!!

 

こーれーはーーーー
大感動!!!!!

 

めちゃくちゃ楽しかった!
ホールの時とは一味違う、ロビーに響き渡る熱い歌声!!!
ロビーコールというそうです。

ほんまめっちゃ嬉しかったんです!

 

ワグネルさんの定演、行こうかなぁ東京やけど……
早慶合同演奏会も行きたい……

 

推し様のご出身だからって贔屓目もあるとは思いますが、今日本当に本当にすごかったんです。
すごいしか言えない語彙力が情けないけど、
ほんっっっっとに響きが格別だったから!!!

 

男声合唱すごい。

あの低音から、あの高音まで。
豊かな音域と音量。

 

なにより………

すっっっっごい『優しい』から!
すっっっっごい『甘い』から!

 

そしてカッコいいから。

 

ほんま、今日、新しい世界が開けた………

 

***
今回も、お読みいただき、ありがとうございました✨✨✨